指輪の歴史

婚約指輪の始まりから現在まで

愛する2人の愛の証として交わされる婚約。人生を共に歩む誓いと共に、婚約指輪をかわし左手の薬指につける習慣があります。婚約指輪と言えばダイアモンドを連想されることでしょう。しかし、主流がダイアモンドになったのは、長い歴史の中でも最近になってからと言えます。古代ローマ時代にまで遡ると、当時は鉄製の指輪が交わされていたようです。その後、2世紀に入り裕福な家庭では、金や銀を使うようになりました。愛を誓うモチーフとして、「握り合う手」のデザインが施されていたそうです。ダイアモンドが登場するのは15世紀になってからです。そしてルネサンス期には金細工の技術が進歩し、デザインの際立つものへと変わっていきました。現在に至るオーソドックスなデザインになったのは、18〜19世紀からです。日本においては更に後の1960年頃から、婚約の証として指輪を交わすようになりました。

最近のトレンドについて

「給料の3か月分」とキャッチコピーに謳われてからというもの、ダイアモンドをあしらった婚約指輪が人気です。ダイアモンドの横に小さなピンクダイアモンドをつけたものもあります。最近では、2人の守護を意味することから誕生石や真珠など、自分の好みに合わせて選ばれるようにもなってきました。貴金属部分は多くの人がプラチナを選びますが、他にゴールドやゴールドとプラチナのコンビのものを選択する人もいます。また以前は、婚約指輪は結婚するまでのものとされていましたが、高価な指輪なのにはめる機会が少ないのはもったいないという考えから、結婚指輪と重ねてつけられるものも出てきました。また、ゴージャスなデザインとは逆にどの時代にも合い、流行に左右されないシンプルなデザインを好む人もいます。時代と共に婚約指輪の価値観も多様化しつつあります。愛の証として2人にぴったり合った婚約指輪にめぐり合えることでしょう。